楽しいひと時を過ごすと体もよくなるよん

パーキンソンの方(Sさん)の治療をしています。

パーキンソン病パーキンソン症候群がありますが、薬がよく効いて、脳の画像診断で異常がない場合は、パーキンソン病の確立が高いです。脳から分泌されるドーパミンの量が減少してしまうのです。

症状としては、体を動かそうとせずとも震えが生じたり、筋肉が持続的にこわばったり、動きが緩慢になったり、姿勢が保てない等があります。

Sさんと初めてお会いした時は、随分と辛そうな様子でしたが、私が治療の一部を担当する翌日から調子がよいと仰います。

わぁぉ~~!!本当かどうか?は別として、とっても嬉しいです。

確かにこの頃は、顔色もよく表情が豊かになっています。本当によかったですねぇ。

 

パーキンソンの症状は、時間をかけて治療していくことが必要です。完治よりも、進行を遅らせることを目指す必要があります。そのくらい、ゆっくりな気持ちで治療すると気持ちも焦らず、よい治療につながります。

そして、特に姿勢の保持が難しいので急に進路を変えるようことはしないようにご注意ください。横転をして骨折をすると、症状を悪化させる原因になります。こちらの方が深刻です。

ゆっくりとでも動ける毎日を過ごすことが大切なのですよ。

私はこのSさんの治療の一部ではなく、全治療を受け持ちたいと感じています。治療中に色々とお話をすると、よく笑っていらっしゃいます。

治療も大事だけど、楽しい時間を過ごすことが大切なのです。そうそう!私はそれなりに楽しませることが得意ですから(笑)

もっともっとよくなりますよ!お楽しみに~