素直でいると良いことがあるもんだ

4月から治療院で働いています。

昨年、鍼灸院でアルバイトをしましたが、性格的にお勤めは難しいと思い卒業後は普通の企業で働き、空いてる時間に鍼灸のお仕事をする予定でした。

ところが3月の卒業間際のこと。ひょうんな切っ掛で紹介された治療院。初めて業務内容を聞いたときは、はっきり言って怯む私がいましたが、紹介して下さった方の強いお勧めもあり、その場で求人先に連絡を入れ面接をしていくという・・・トントン拍子に話が進んで4月から働くことになりました。ご縁ですよね~。

体力面が一番心配ということを正直にお伝えしましたら、1か月間は様子をみてもらって、難しいようであれば辞めてくださいとのこと。これは私が継続できるかの判断する期間としていただいた時間です。随分とのんびり仕事をさせていただいており、恵まれた環境だな~と思う毎日です。

だって、クラスメイトの仕事状況を聞きますと、毎日フルで鍼灸に携わっている方は殆どいません。普通の企業と掛け持ちだったり、リラクゼーションの仕事についたり、今までの仕事に戻ったり、未だ仕事をしていない人などなど。

そんなことを聞きますと、のんびりと臨床で鍼灸に携われる勤務先に就けたのは、なんともラッキーなことです。

ずっと臨床で鍼灸をしたい!という気持ちがありました。やっぱり自分の思いが強いと願いは叶うモノですね。

そして自分に嘘をつかず素直でいると、必ずよいタイミングで必要なモノが寄ってくるモノなのです。どれだけ自分の思いを強く持ち続けるかが重要。

ホント、素直に生きることの大切さを感じています。