のほほーんと過ごします。

知人が入院をしました。大変な状態にもかかわらず、私に対して心配させないように気遣うのです。自分が同じ状態になったときはどうなるのだろう?と想像してみましたが、今の私には同じことは出来ないと結論に達しました。気丈に振る舞う姿勢に敬意を表します。

また、先日は多忙な毎日を過ごしダウンされた先生に治療をお願いしました。回復中とのことでしたが、以前と比べるとかなり痩せてしまい、患者である私が完全に休まらない気持ちになってしまいました。もちろん、そのような状態であっても治療結果は素晴らしいですが、、、。

お仕事ということで本人にとっては普通のことかもしれませんが、どんな状態であっても目の前の患者を良くしようと思うことってステキなことですよね。

このお二方と接して感慨深い気持ちになりました。

なぜ?この様なことを思ったかと言いますと、私が国家試験の勉強中に、他人を思いやる気持ちは薄かった毎日だったのです。ただの勉強なのに、、、。

お二方のような人間になるには、何が必要なのでしょうか。

昨年から私は沢山の方から貰ってばかりの毎日を過ごしました。「貰う」ことばかりって、とっても嬉しいことのように思えますが、ホントは「あげる」ことの方が、何十倍もハッピーなことなのですよね。

どんな時でも「あげる」ことが出来る人って、この事を知っている方なのでしょう。相手を思いやる気持ちを持ち続ける自分でいたいですね。

自分の回りにいる人は、みんな笑っていて欲しいです。だからこそ、毎日をのほほーんと過ごしていきたいと思います。