初診料の意味って知ってる?

学生Kさんの体で練習をした時のこと。

1度も練習させてもらう機会がなかったので声をかけてみました。いつも笑顔でとっても明るい方なのですよ。

実際に治療に入りますと、主訴の多さにびっくり。

しかも、手術する大きな病気が数回あり、想像以上に体が弱っている方だったのです。見た目は全然わからないのですよ。

少ない経験ですけど、実際に体が弱っている方は明るい印象を受けるように感じます。そして、共通していることとすれば、本当によくお話をされますね。話を聞いて欲しいという欲求が強いのでしょう。だって体が辛いですもの・・・

治療中もずっとお話しをされる方でしたが、背中に鍼をした途端にリラックスをしていたようで眠っておられました。気持ちが良いって証拠です。

結局、今の私にとって難易度が高い体でしたが、勉強になりますので来年以降は専属の患者になっていただく契約をとりました(笑)。卒業まで頑張ります!

 

この頃、40分程の治療時間を目指して練習をしていましたが、今回のように少し重い症状があれば1時間以上かかってしまいます。どうも体の変化を追いすぎて、時間がかかってしまうのです。

数日間、このようなを考えていましたら、初めて治療する患者さんは時間がかかって当然のこと!という結論がでました。

そりゃそうですよね!

体は簡単に変化する態勢になっていませんし、人って最初は変化に抵抗をするものですから、少しずつ変わりたいと思うのです。

気持ちでは早く治りたいと思っていても、体は正直なんですよね。本当は違うのです。

今回の治療で、初診料の意味がよーくわかりました。

となれば?初診料は今ならタダ!というセールストークは使えないなぁ~とか、技術ある先生の治療で初診料無料とは余り聞かないかも?と思ってみたり、、、

学生同士の治療練習で、色々なことを考えさせてもらえます。ありがたいことですね。