久々の実技練習~

卒業試験が終わり、実技練習を再開しました。勉強ばっかりやってると、ほんとに実技が楽しい!と感じます。今回は1年生の体を借りて練習させていただきました。1時間半で2人です。

Sさんは私の治療を受けてみたいと声をかけてきてくれて治療をしたのですが、効果抜群!翌日には肩のコリが少し残っているものの腰の痛みは消えたと言います。学生は体が元気ですからすぐに回復しますね。

もう1人の方Mさんは、11月から風邪をこじらせ気管支炎を発症して咳が止まらないといいます。本当に辛そうでした。睡眠時間も少なく、食事も余りせずお菓子を食べてるとか。

実際、治療後は咳が治まって随分と楽になられたのですが、気管支炎までおこしての治療ですと、1回の治療では効果を出せないな~と思いました。本当に体が弱っているので体を整えようとする自然治癒力が少ないってことなのでしょうか。

1回でどれだけ効果がでるようになるか?ということを強く意識していましたが、少しずつ効果を出す治療を意識にいれないといけませんね。普通のことなのですけど、どうも学生同士で治療練習するとなると、健康な方ばかりを治療することになるので、その辺の考えが生まれないものなのです。

1年生で練習をしてみてよかったことは、2年生とは異なり鍼灸についてよくわかっていませんから、ついついやり過ぎてしまいます。大変勉強になりました。

相手の体の強さ、耐えられる刺激の量、どのくらい時間がかかるのか、などなど、練習をしていく中で、相手の体を理解できるようになれるとよいな。

やっぱり、色々な体で練習することは大切ですね。