自分で決める力ってもっていたいね。

お世話になってるSさんからお誘いがありました。Sさんが以前勤めていた職場の先輩Uさんと飲むので一緒に!ということでした。

Uさんは専門分野では、かなりの有名な方で大変偉い方なのだそうです。

『無口な方ですがよろしくお願いします』と事前に言われてしまいました。この私に「お願いします」って言われてもねぇ~。Sさん!私のことわかってるのかしら?

そのようなことを言われても私には意味がなく、偉くったって、偉くなくたって、有名であろうが、なかろうが、結局は同じ人間なのですから。特に気にせず、普通に会って楽しいひと時を過ごしてきましたよ。

と言うより、Uさんから色々とお話をされてきて、私が話す隙なんぞなくなりました。話の途中、Sさんから話をしてきても、Uさんは自分の話をやめませんし。同時にお二人が話されたときは困ってしまったほどです。

そんなUさんとの会話中に「無口な方ですから、、、」と言ったSさんの言葉を思い出しました。「???・・・全然、無口じゃないじゃんか!むしろ多弁だぁ~~!!!」

Sさんは「滅多にないこと!」と仰いますが、今回のUさんは、Sさんが知ってるUさんとは一致しなかったようですね。「やっぱり他人の話って宛にならないモノだなぁ~」と、久々に思ったのでした。

 

そんなことから、今年になり沢山の噂話を聞く機会が増えたので思いついたことを書いてみようと思います。

「噂」や「他人の意見」が先行して、人をみていることって多くないですか。先入観を知らず知らずのうちに身に付けてしまって判断していることってよくありますよね。

実際には見てもいないのに、自分があたかも見たかのように話す人がいたり、また、悪い「噂」を耳にしただけで、まるで自分がイヤな体験をしたかのように他の人へ話している人もいます。

その「噂」や「意見」に反応して、自分の意見ではないのに自分の意見になってしまっている人もいたりして・・・。よくよく聞いてみると、事実は何一つ知らなかったりすることもよくあります。

他人の意見を聞くことって大切ですけど、自分で判断できることはもっと大切だと思います。

事実を聞ける人は、事実をもとに多数の意見を想像でき、多くの人から共感が得られるると思います。ここまで出来る人は、きっと道理にそった考えをしており、また、そのような方の話には一貫性があるように思えます。

他人の意見で判断をするのではなく、自分で判断したいですよね。ただ、自分で判断して決めることって、実は強くないとできないことかもしれません。

流されない生き方をしていきたいと思います。