あなたは行動する人?しない人?

この頃は、下級生の体を貸してもらって治療練習をしています。

夜間の生徒で私と同じ治療スタイルを練習している人がいないので、1・2年生の体で練習させてもらっています。

最初は、1人で練習している下級生に手当たり次第、声をかけまくったのです。

意外や意外?心よく体を貸してくれるんですよ。みんな、好い人でありがたいです。

それを見ていたクラスメイトは「凄いねぇ~」「社交的だね~」なんて言っていましたが、私としては、ただ練習をしたいだけでナンパをしただけなのですよ。

 

そして、このクラスメイトの言葉で再確認したことがありました。

やっぱり「行動」するって大切だなぁ~と。

 

なんでもそうですが、最終的には「行動」することで、その後の状況が変わるのです。

考えているだけは、なんの変化もなく、時間がだけが過ぎていくだけ。しかも「行動」しようと思った時には、時すでに遅し・・・な~んてこともあり、後で後悔をすることだってたあるかもしれません。

今回のように、とりあえず「行動」したことで、最初の目的だった、体を触る機会も増えましたし、その治療練習をみていた先生も試したいと言ってくださったり、治療した下級生からは、更に紹介者も教えてくれるオマケ付き、練習すると疑問も増えますが、何となく分かってくることも増えたりして、なんとも恵まれた状況になりました。

下級生からは、楽になった!気持ちよかった!また受けたい!なんてことも言ってくれますから、お世辞もあると思いつつ、なんとも嬉しい毎日を過ごしています。

 

「行動」について話を戻しますと、

ごく稀に「行動」せずとも変化が生じる場合があります。ですが、それは「ラッキー」なできごとに過ぎません。ですから、自分と今の周りの現象を変化させたければ、自分で「行動」するほかありませんよ。

どんな些細なことであっても「行動」しさえすれば変化はします。失敗したら他の方法を探せばよいのです。それに、自分から進んで「行動」した方が楽しいですしね。

 

人生なんて、あっ!という間だと思います。

どうせなら、楽しい毎日を過ごしたいと思いませんか?

 

今年の夏は、思い切って「行動」しちゃいましょうよ~