ダメダメな練習結果やん

クラスメイトのS君が、首が痛いので治して欲しいと連絡がありました。

接触鍼からじっくりゆっくり行いますと、アッという間に時間が過ぎてしまい、30分で治療なんか終わりやしない。

しかも、昨年より接触鍼が下手になっているような?ダメだこりゃって感じです。

まぁ~、治療中は余り考えず集中しておりますが、一通りの流れが終わっても首の痛みが取れないので、足の指先(井穴)にお灸をしてみました。

あれ?艾は柔らかく捻るのかしら?困ったなぁ。

効果を得るためには少々熱くてもよいのかも?指先は心臓を患っている人は控えるように教えられたけど、クラスメイトは元気だから大丈夫!艾を固く捻って焼き切ってしまえ~~。えいや~!!

結果、、、S君、、、悶絶、、、

ごめんね~と思う気持ちと、少し楽しいカモ?と、複雑な心境。

結局、熱い灸が終わっても効果を感じられないので、肩への鍼を希望されたのでした。しかも、渡されたのはセイリンの鍼で、こんなん治療でいいのかしら???本当に分からないことだらけって感じです。

そんなこんなで1時間ちょっとの練習が終わり効果を聞いてみますと、最後の鍼が効いたようで、首の痛みがかなり減ったそうです。

そしてS君の顔をみると少々赤い。やり過ぎサインじゃないかな?こりゃマズイ・・・本人に伝えてみたけど、痛みの軽減ばかりに気を取られ、やり過ぎの感覚は一切なし。

やっぱり1時間オーバーの練習ってよくないかも?と、一人で考えてみたり。

こりゃ不安だ・・・自分の鍼で相手が悪化したらと思うと授業中は心配で仕方がない。

授業終了後に心配で再確認するも、その様子は全く感じておらず、またもや首の痛みがよくなったと話すので、私としてもやっと安心したのでした。

 

そして翌日、体の状態を確認してみましたが、悪化も改善もないとのこと。悪化してないのが一番よいことだけど、効果の持続もなかったのね。

何回かLINEで連絡を取り合っていると、今日はなんと10時間ほど寝てしまったそうだ!いくらでも眠れるって・・・言うのだ。

げっ!!!やっぱりやり過ぎちゃったカモ。ダメダメな練習結果ですね。

分からないことだらけで疑問も課題も膨大!

それでも、ちょっぴり鍼が面白くなってきた感じです。