読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でもほどほどが良いですね

「ほどほど」って良い言葉ですね。

私は根を詰めるタイプです。もちろん気になることだけですが、、、

人間の集中力も個人差はありますが、限界がありますよね。私の場合、集中したら、その後はダラァ~っとなってしまいます。幼い頃から変わっていないと一人反省中です。

人間、無理をすれば必ず何処かしらにガタがくるのです。

東洋の考えで「陰陽論」というのがあります。簡単に言いますと、この世の中には「陰」「陽」の2つにわけられているという中国の思想です。

右と左、女と男、上と下、朝と夜、表と裏、前と後・・・など。

物事には相反するモノがあり、どちらも必要ということでしょうか。なくてはならないモノという方がわかりやすいですかね。

「女」と「男」を例にとりますと、「男」だけでは社会は成り立たず、また「女」だけでも同じです。「男」には相反する「女」というモノがあって初めて「男」を際立たせることができるのです。その反対もしかりです。※自分が上とかの優越の考えではないです。

昨年、日中は仕事で夜は学校という、年齢的にもハードなスケジュールで過ごしました。土日もお誘いやらセミナーの参加やら休む暇がなかった毎日でした。

現在は、失業をして心にぽっかりと穴があいた状態になり、この歳で無職という罪悪感に苛まれております。また社会から遠退くことで、自分に遅れがでるような、そんな気持ちにもなっているのでしょう。

ある先生とお話をしていたとき、この「陰陽論」をふと思い出しました。

生活を維持するために働く必要はあるで仕方がないのですが、やり過ぎたことによって今の状態があるということです。

「陽」である「行動」のし過ぎにより「陰」である「何もしたくなくなる」になってしまいました(泣)

「陰」極まれば「陽」に転じ、「陽」極まれば「陰」に転ず

「陰」も「陽」も極まらず、何でもバランスが大切ですね。東洋の考えですと「中庸」という言葉になります。東洋の思想は根本的なことを教えてくれます。