春のエネルギー

新学期が始まり、とうとう学生最後の1年になりました。

登校するとクラスメイトが楽しそうにおしゃべりしていたり、実技練習に励んでいたり、恋話を聞かされたりと、何やら「ワクワクするような楽しい気持ち」やら「やる気があるような」「国試に向けて勉強しなきゃ」など、様々な感情が混ざり、気分が高揚するようなエネルギーを感じ、春だなぁ~とひとりで観察しています。

 話は飛びますが、中国には五行思想という考えがあります。

「木・火・土・金・水」の5つの要素が、自然界で分類されると言われており、この5つの要素が互いに助け合ったり、妨げあったり、影響を与えあっていると言われています。

 「春」は「五行」の中の「木」に当たりますが、この「木」に当てはまる内容を少しだけ書きますと、、、

「木」「春」「東」「風」「青」「怒」「筋」などなど・・・

「春」は「春夏秋冬」で考えますと、始まりの季節ですよね。

太陽は「東」から登るので1日の始まりですし「春」は「風」が強くなりますね。植物が芽吹き、木々には「青々」とした葉がつき始めるのも「春」ですし、明け方に脚がつったりしませんか?「筋肉」に異常が生じたりもします。

かなりこじ付けていますが「五行」の考えは、普段の治療で普通に使われており、結構あたっているのです。これが東洋医学の面白いところです。

「春」は、気持ちがウキウキしたりしませんか。

例えば、新しい習いごとを始めたくなったり、どこかへ出かけたくなったり、、、「風」のように「感情=エネルギー」の動きが生じる時です。気持ちが「ハイ」になりやすいこともあると思います。

感情のおもむくままに動き過ぎますと、後でツケが回って体調を崩すこともありますから、ボチボチと動きましょう。

 

そして「怒」もありますが、気分が高揚しやすいことで感情的になりやすい方もいると思います。確かにクレームの多い季節とも言われているようです。

少し興奮してるなぁ~と気が付いた時は、深呼吸がおすすめです。

しばらく続けますと落ち着いてきますよ。