読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初めての積聚治療・・・

東洋医学

積聚(しゃくじゅ)治療という実技の授業があります。

積聚とは、古代中国医学書の「難経55難」に書かれており腹部の異常のことをいいます。積聚治療は痛みのある部位に鍼をしない不思議なスタイルです。

例えば「腰痛」などの「痛み」を訴えていたとしても、殆どの場合は腹部にも異常があり、その異常は全て体の「冷え=生命力の低下」と考えている流派です。

この体の「冷え」が、症状の根本的な原因としており、「冷え」を解消すれば「腰痛」以外にも抱えている体の違和感さえ解消するという全身治療なのですよ。

「積聚」という言葉は入学後に知りましたが、初めてこの文字を見たとき、なんとなく惹かれる気持ちがあったのです。なので昨年は授業以外の特別授業に参加をしました。開催する予定がなかったのに、直談判をして開催してもらったのです。いま、よくよく考えてみましたら、随分と大胆な行動ですよね。たまーに、私はこのような行動をとることがあるのです。先生は私の所為で帰宅が遅くなりお気の毒です(苦笑)

先日、腰が痛いという母親にこの治療をしてみましたが、これまた大変効果がありまして我ながらにして大変驚きました。

立つことができなかった腰の痛みが軽減し、自力で立てるようになっていました。その他、中指の痺れまでも解消していたことに母親はびっくりしていました。びっくりした理由は、中指に鍼をあてていないからなのです。

母親は鍼治療が好きではありません。「痛い」「怖い」という気持ちが強く、ずっと治療を拒んでいました。しかも、娘の鍼を信用するような素直な親ではありません!今回はよっぽど辛かったのでしょう。流石に効果があり信じたようです(笑)

夜の特別授業に出席した甲斐がありました。というより大胆な行動をとって得たモノは大きいですね。なんとなく惹かれる気持ちを大切にしてよかったと思いました。

 

鍼に対してのイメージが「痛い」「怖い」などを持っている方に、積聚治療はおすすめですよ😋