読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

求めていれば願いは叶うモノ?

コミュニケーションの大切さを教えていただく機会が数回続いています。相手にどれだけ寄り添うことができるかで治療効果が「ぐっぐっぐっー」っと上がるという話です。

このような話を切っ掛けに自分を顧みますと、お正月の家族との会話を思い出しました。家族との会話でイライラしてしまう自分がいて、自分の聞き方・話し方を改める必要があると気づかされました。まぁ~自分のクセはなかなか直りませんので「またやってしまった!」と繰り返していますが・・・(苦笑)

そして、自分の問題に気づき、改めようと思っておりますと、逢う人から自然と答えを教えていただく環境に遭遇します。もちろん、前もって逢う約束をしている方ですが、コミュニケーションについて事前に相談している訳ではありません。ですが、今、自分に必要なことを教えていただけるのですよ。

自分が求めていれば、願いは必ず叶うモノなのでしょうかね。

このごろ、よく思うことがあります。自分の人生を振り返ってみると「いつも人から助けられてきたなぁ~」と。過去の苦しい時は、大体と言ってよいほど、必ず誰かに助けてもらっており、私の人生は「そんなモノ」なのかもしれないと思うようになりました。

元々、先のことを考えすぎる傾向がありましたが、これからも自分の人生が「そんなモノ」かもしれないと思えますと、必要以上に不安を感じる必要はないのだと、一歩踏み出すことが以前よりも早まったように感じます。

「気づき」→「変化を求め」→「決意」することが、自分や自分の周りの現象を変える最低条件のように思います。この条件はエネルギーの一種ですから、求める「内容=質」により、自分が放つエネルギーも変化していきます。自分がどのような質の人間になりたいかは自分で選ぶことができ、自由なのです。

何歳になっても「良い変化」を味わいますと、誰もが「喜び」ます。

「喜び」のエネルギーは幸せをもたらすモノ。そう考えると、、、やっぱり「変化」する人生ってやめられないですね!