読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風邪の状態を感じる

風邪をひきました。

火曜日から喉の痛みがあり、少しずつ悪化している状態です。

東洋医学では、「感冒」の原因を「風邪=ふうじゃ」と言いますが、「邪」が体内へ侵入する場所は、背中側の首と背骨の付け根辺りと言われています。

初期症状でしたら「お灸」など、温めるだけでも翌日には回復することが多いです。

ですが「邪」が奥へと入っていきますと、なかなか回復ができなくなります。奥へ入った「邪」は、動きも鈍くなり、とどまる習性があるのです。

私の場合、喉の痛みを感じる数日前から、勝手に下眼瞼がピクピクと動いたり、頭痛を感じていたことを思い出し、これが風邪の初期症状だったと気づきました。この時期に、お灸をやっていればよかったのでしょうね。

最初に感じた喉の痛みは、ちょっと・・・長引きそう・・・イヤな予感。

奥に「邪」が入っていることを感じていたのかもしれません。

連日、クラスメイトに吸い玉やら、お灸やら、治療をしてもらいました。

体内がかなりポカポカになり良くなるのですが、これは、体が回復しかかっている状態であり、回復したわけではないのです。

ちょうど12月ということもあり、お誘いが多くある状態。普通に「体」を使えば消耗が早く、元の状態に戻ります。

でも「体」を普段より使っているので、楽しい毎日であっても悪化してしまったのです。 要は、いつも以上に「体」を休ませなければ「邪」は抜けないってことですね。

精神的に辛い状態であれば、ゆっくり休もうとしますが、楽しいと「大丈夫!」と思いがち。「体」に症状がでているときは、精神が辛かろうが楽しかろうが同じなのです。

分かっているけど、やめられないモノですね。。。。