恐るべきお方

実技練習後に教室で過ごしていましたら、校長が入ってこられて二人で会話を楽しみました。

校長はお話し好きな方なので、臨床の体験談だったり、校長に就任してからの苦労話や、中国から顧問を頼まれたりと色々とお話しをされてましたが、、、

 

実はこの校長、お話し好きだけではなく、本当は聞き上手なのです。

 

弟子のことを話しつつ、私のプライバシーのことをどさくさに紛れて聞いてきます。

 

校長:「結婚してるの?」

 

この質問が余りにダイレクトだったので「あっぱれ!」という気持ちになりました。 遮ることもできましたが、まぁ~いいかなぁ~と思い、流されるままに会話をしてみました。

私 :「してませんよ!」

校長:「モテるでしょう?」

私 :「モテないですよ!」

校長:「そのキャラでモテないわけないでしょう!」

私 :「声をかけられたことがない。あ!外国人は声かけられるかも」

校長:「外国人と結婚すればいいじゃない」

私 :「言葉がねぇ~」

この後も、子供のこと、進路のこと、鍼のことなど会話はずっと続きましたが、クラスメイトが登校したのをきっかけに、やっと教室を後にされたのでした。

その間、約1時間ほどだったと思います。

 

一般企業では、ご法度と言われる質問内容ですけど、校長は一切お構いなし(笑)

臨床経験の長い先生ですし、人生の大先輩ですし、人をみる目も養われていることでしょうから、校長の持って生まれた資質と養われた感覚的なモノが働いて、ここぞ!というタイミングで質問をしているのでしょうね。

校長の巧みな話術によって繰り広げられる会話のパターンは誰にも真似はできず、まんまとペースに巻き込まれてしまわれる方々って多いのだろうなぁ~と、思ったのでした。やはり、臨床家として成功している方は、エネルギーが読めるのですねぇ。

 

そして、私のキャラをホメてくださった校長ですが、私のキャラより先生のキャラの方がお見事ですよ!そのヒヤリング力は恐るべし・・・といった感じでした。

しかし、1時間も生徒と会話する校長って他の学校にもいるのでしょうかね?(笑)

 

今度、校長とランチをする予定です。ご馳走してくれるって言ってなかったけど、ゴチになると決めています(笑)

3年生になってから、何人かの教員と食事をする機会があり、随分と楽しませていただいてます。

 

あっ!これは、規定違反だった。

 

 

あなたは行動する人?しない人?

この頃は、下級生の体を貸してもらって治療練習をしています。

夜間の生徒で私と同じ治療スタイルを練習している人がいないので、1・2年生の体で練習させてもらっています。

最初は、1人で練習している下級生に手当たり次第、声をかけまくったのです。

意外や意外?心よく体を貸してくれるんですよ。みんな、好い人でありがたいです。

それを見ていたクラスメイトは「凄いねぇ~」「社交的だね~」なんて言っていましたが、私としては、ただ練習をしたいだけでナンパをしただけなのですよ。

 

そして、このクラスメイトの言葉で再確認したことがありました。

やっぱり「行動」するって大切だなぁ~と。

 

なんでもそうですが、最終的には「行動」することで、その後の状況が変わるのです。

考えているだけは、なんの変化もなく、時間がだけが過ぎていくだけ。しかも「行動」しようと思った時には、時すでに遅し・・・な~んてこともあり、後で後悔をすることだってたあるかもしれません。

今回のように、とりあえず「行動」したことで、最初の目的だった、体を触る機会も増えましたし、その治療練習をみていた先生も試したいと言ってくださったり、治療した下級生からは、更に紹介者も教えてくれるオマケ付き、練習すると疑問も増えますが、何となく分かってくることも増えたりして、なんとも恵まれた状況になりました。

下級生からは、楽になった!気持ちよかった!また受けたい!なんてことも言ってくれますから、お世辞もあると思いつつ、なんとも嬉しい毎日を過ごしています。

 

「行動」について話を戻しますと、

ごく稀に「行動」せずとも変化が生じる場合があります。ですが、それは「ラッキー」なできごとに過ぎません。ですから、自分と今の周りの現象を変化させたければ、自分で「行動」するほかありませんよ。

どんな些細なことであっても「行動」しさえすれば変化はします。失敗したら他の方法を探せばよいのです。それに、自分から進んで「行動」した方が楽しいですしね。

 

人生なんて、あっ!という間だと思います。

どうせなら、楽しい毎日を過ごしたいと思いませんか?

 

今年の夏は、思い切って「行動」しちゃいましょうよ~

 

すげぇ~練習だ!

学校で練習をしていたときのこと。

昼間部の3年生が、体の緊張が取れない下級生に鍼を刺していました。

なんと、全ての足の指に鍼を刺してるではありませんか!!

先生に教えてもらってから、何度も自分の足で試したというのです。体の巡りがよくなり頭痛まで治るのだとか。

 

 これを見た時、私は驚愕しました!!

 

「昼間部はすげぇ~なぁ~」と、粗野な言葉遣いで本音を漏らしてしまいました。

開いた口が塞がらず、眉間にシワが寄っていたに違いないです。

近くにいたY先生は、私の固まった表情をみて、微笑んでいらっしゃいましたが・・・

  

ここは刺激が強いですよぉ~。

 

そんなに刺激が強いところで、10本も刺さないと体の緊張が取れないっておかしいでしょう?10本の鍼を刺す前にも治療をしているのですし。。。

しかも学生だから、そんなに体が悪いわけでもないでしょう?鍼は刺さなくても、体の緊張は取れるのだから・・・

 

どうも、痛がりで刺激の強い鍼でダメージがでてしまう私には、相手の体が心配になってしまいます。が、、、鍼を刺された本人は、今迄で一番緩んだと大喜びでした。

そうなんだ・・・本人は平気なのですね。

 

この鍼を見てから、自分が気にしていた「やり過ぎ治療練習」が大したことではないと思えるようになりました。

 

だからと言って、私は刺しませんけどねっ!

 

鍼灸は「刺激は少なく、効果は大きく!」が良いと思ってます。

 

ダメダメ練習結果_その3

下級生の男性Cさんに2回目の練習をさせていただきました。

主訴は、胸辺りのザワつき(痰湿と申告)、肘と手の指関節の痺れ、左首筋の張りって感じですが、今の私にはレベル高っ!って感じです。

前回、練習させてもらった時は、長年の胸のザワツキと咳が、2日間治まったというので、続けると良さそうなのでお誘いしてみました。

 

Cさんは、腹直筋の発達した男性らしい体つきをしています。

実はわたくし、この手の体はとっても苦手です。

筋肉が発達したお腹は、筋肉なのか?滞りなのか?判別ができないのです。しかも、効果がでにくい気がしてます。

他にも、痛そうだなぁ?と思って触っても、痛みを感じないですしね。私にはお手上げ状態です。

筋肉が多いと効果を得難いのか?筋肉が多いことで症状が少し重くなりやすいのか?体内の循環にも影響がでるのか?男性の体は分からないことだらけです。

私の苦手意識から来るモノなのでしょうね。

 

さて、Cさんの治療中のことですが・・・

Cさんは治療途中に、体がピクッと動くことが多い方です。指などは連続してピクピク動いていることも。これって「ジャーキング現象」?

睡眠に入る途中で、無意識化で筋肉が動いて起きる現象なようですが、無理な姿勢で寝ていることや、疲れが溜まっているときなどに起こりやすいそうです。

あ~脈にも少しお疲れサインがでていたような気がしますしね。

ピクつきが多いので少し心配になりましたが、筋肉が弛緩していると思って、治療効果があるってことにしたいと思います!

 

そして、この頃は体の循環を感じると嬉しくなってしまって、ついつい他のこともしたくなります。前回同様にお灸もやってみたのですが・・・

直後の脈をみたときに、あれ?さっきより強くなってる気がする。も、もしかして?これもやり過ぎか?

 もしかしてではなく、たぶん、やり過ぎだ・・・。Cさん、ご、ごめんなさい。

  

ゆっくりじっくり丁寧に行うようになってから、やり過ぎが増えています。

しかも、殆どが男性だ・・・

これを機に、腹直筋のある筋肉質の男性と知り合いになりたいと思いました。

あくまでも練習のためですよ!私のビジュアル的な好みでありませんからねっ。

 

 

ダメダメ練習結果_その2

知人Kさんの体を貸していただきました。

体は調子がよいけど、全体的に重だるいそうです。特に腰付近に重さがあるとか。

 

私の知人は鍼が嫌いな方が多いです。

Kさんが体を貸してくださるのは、刺さない鍼をするからということが理由です(笑)やっぱり、私と同じで痛いことが嫌いなのです。

 

途中、皮膚に鍼をあてるだけで「痛い」と言いますので、皮膚から離して当てずに構えているだけでも「痛い」と言うのですよ。

私:「皮膚にあたっていないよ!」

K:「ウソだぁ!痛いもん」

私:「ウソじゃないってばぁ~」※皮膚にあたっていないことは目視で確認済。

K:「・・・痛いんだもん・・・」

私:「じゃ~もっと皮膚から離すからさぁ」※5mm以上は離れていました。

 

体が弱っていると、痛みを感じやすいのでしょうか。母親も同じことを言います。体質の違い?それとも、私がただ下手なだけでしょうか。

そして、Kさんの痛みが取り除けないので、今回は先生から教わった部位へ鍼をして終了してみました。

 

翌日、Kさんの状態を聞いてみますと、

K:「肩に違和感があるよ。」

私:「ん?肩??肩は言ってなかったよね?腰じゃなくて?」

K:「肩に違和感があって、腰は楽になった!」

私:「肩に違和感がでるって・・・なんでだろう?」

K:「たぶん、翌日はよくなってると思うから。」

私:「心配だなぁ~。そんなことを言う人がいないのよ。」

K:「・・・。」

私:「なんでだろうね。」

K:「・・・やり過ぎたんじゃない?」

私:「え゛っ!!」

K:「他はスッキリしてるから大丈夫だよ。」

私:「ご、ごめんね。次はもっと少ない時間でやります。」

 

はぁ~。やり過ぎって人を不快にさせますね。

 

翌々日のKさんの肩は柔らかくスッキリ爽快な状態だそうです。

本当によかったです。ふぅ~。

 

最後に脈をみたとき、少しだけ「ん?」って思った気がしたのですけど、気のせいではなかったのですね。結局、最後に鍼をしなくてもよかったわけで、今まで殆ど練習していなかった脈の練習もしなくちゃダメですね。

どんどんと自信がなくなっていく感じです。

 

 

明るい人の周りは、いつも賑やか。

毎日が楽しいと感じている人の周りに、人も物も集まるようになっているのですね。

 

なぜ、このような事を思ったかと言いますと・・・

 

学校で授業をとっても楽しそうに教える先生がいるのです。

もちろん、殆どの先生は楽しそうに教鞭をとっていらっしゃいますが、特にその先生は子供のように無邪気に楽しんでいると感じてしまうのです。

 

教室で教鞭をとっているとき、実技を教えているとき、たまたま脈を診てもらったときなど・・・その先生に近づけば近づくほど、自分が感じていることが確かなモノだと思って、先日、職業を問われた時は何と答えるのか?を伺ってみました。

 

鍼灸師」?「教師」?

 

もちろん、答えは「鍼灸師」でした。

鍼灸」がベースで「教師」という職業につながっているのだそうです。

 

そりゃ~そうですよね!考えてみれば、答えはわかるのですけど、

もしかしたら??「教師」と答えるのではないか?と思うような先生なのですよ。

それほどに、教えているときが、とっても楽しそうなのです。

鍼灸」が本当にお好きなのですね。ステキなことです!

 

そのような会話から、人間だけではなく、植物だって、明るい所を好むのだから、明るく楽しいと感じている人の周りには、人が集まってくるのは自然の法則なのですよね。

 

そして、その先生は学校でも人気があり、授業が楽しいと評判の高い方です。

本当に心から好きなことを職業にして、自分の知識を惜しみなく伝える器の大きさも感じられます。

相手に与えた以上のことを得られるのも自然の法則ですから、きっと、今後はもっともっと、ご活躍の場が広がることでしょう。

 

そして、そのような先生に教えていただくことは大変光栄なこと。

自分がラッキーな人間だと、強く感じています。

 

 

今あるモノを大切にしましょ

となりのクラスのJさんをモデルに練習をしました。とっても体感の優れた方で鍼をあてると、直ぐにエネルギー動きを感じてくれます。鍼を持っている私の手も同時に感じたことを伝えると、

Jさん:「なんで分かるの?凄いな~~いいな~」

 私    :「Jさんも感じてるじゃない???」

こんな会話から、ちょっと思ったことがありました。

人間って欲張りな生き物だなぁ~と。

既に体感を得ているのに、人のモノが羨ましく欲しいと思うのですよね。まぁ~気持ちは分からないわけではありませんが・・・

他人と比較することで足りないことばかりに視点を置きますと「もっと!もっと!」と、欲しいモノがでてくるモノなんですよね。

きっと、今あるモノを大切にすることができたときに、自ずと幸せを感じられるのでしょうか。

 

さてさて、Jさんの治療結果ですが・・・

治療終了後のJさんは少女のように目がキラキしており、恋する少女のような目をしていました(笑)

そこまで鍼の良さを感じたことのない私はJさんをうやましく思いました。

あれ?私も他人のモノを欲しがってますね。

偉そうにブログを書いてしまいましたが、お許しくださいませ。

 

深いイイ~ことば

「空手還郷」とは、手ぶらで故郷に帰るという禅語です。

先日、この言葉を知り「イイ言葉だな~」と、感慨深い気持ちになりました。

 

ふと、友人との会話を思い出したので記録に残そうと思います。

友人との会話は、お互いの進む鍼の流派についてでしたが、私は〇〇流、友人A子は〇〇流、友人B子は〇〇流と〇〇流で迷ってる・・・でも友人C子は決まっていないのだそう。ある先生の話を聞いて、治療は流派などは関係ないと思えるようになったと言う。よくわかるよ~と共感した私がいました。

昨年、私も流派なんて関係なく、鍼灸じゃなくてもよいし・・・とさえ思ったほどでした。実は今も同じ考えなのですけどね。だって相手がよくなればよいのだから。

結局のところ、鍼の不思議さに興味が薄れなかったことと、その先に「あるモノ」に出逢いたいといいますか。。。

その先に「あるモノ」は、その先の先にある何も「ないモノ」なのでしょうけど、何も「ないモノ」を得るためには、まず、その前に「あるモノ」を得る必要があるのかな~と思います。

まぁ~「決心」しないことには「行動」もできず、「行動」しないことには、何も始まらないですし、私の場合はとりあえず進んでみました!

※よくわからない内容ですみません。 

 

「空手還郷」のことに戻りますと・・・

私はこの「空手還郷」という言葉を聞いて、自分の中になんとな~くあるその先に「あるモノ」と、その先の先にある「ないモノ」と少しだけリンクしたような気がします。

最初は、鍼を上達するためにコツコツと練習して、自分なりの経験値を積むことで、その先にある根本的なモノを知ることができるのかなぁ~と思ってます。

そこへ到達した時、初めてテクニックではないと心から理解できるのかもしれませんが、私はその場所へ辿り着く日がくるのでしょうかね(笑)

歩いて、つまづいて、転んで、、、また歩くって感じなのかな。

まだ何も始まっていませんが、たまには妄想の世界に行くのも良いモノです。

 

今しかできない楽しみを見つけよう

Aさんをモデルに練習をしました。

主訴は今迄にない生理痛があって体が全体的にダルいのだそうです。

お話をしたい方なので、おしゃべりしながら練習をしてみました。鍼に集中できず少し困りましたが、背中の治療に入った途端に眠ってしまいました。私はここまでリラックスすることがないので羨ましい限りです。

国試の勉強を頑張って始めているから、疲れてるいるんだろうなぁ。先生から国試のプレッシャーをかけられ、ストレスを感じてるんだろうなぁ~と・・・同じ3年生なのに、この違いはどうなのでしょうか(苦笑)

さてさて、一通りの流れとお腹の治療をプラスして終了。

Aさんに練習後の効果を聞いてみますと、

直後は「10」→「3」の痛みに変わり、5時間後は「6」に戻ってしまったそうです。翌日の状態を本人に聞いてみますと、前日のダルさはすっかり記憶から消えてしまったとのことでした。

確かに、明るく元気な様子。顔色もよく笑顔もステキでした。

生理の期間は、通常より体が冷えますから、エネルギーの滞りがでやすいと思います。また、生理がいつもより重いと感じたということは、ホルモンや神経に影響が生じているのではないですかね。ホルモンの影響を受けやすい女性は、ストレスによって生理が遅れることも多いですから。

エネルギーの滞りを感じた時に流してしまえば、毎日が快適に過ごせるのだと今回の練習結果を通して教えていただきました。

実際の現場では、ちょっとの不調で治療院を訪れる方は少ないでしょう。すぐに効果の得られる学生(⇐体が元気)を相手にするのは今のうち。

ですから、毎回の練習結果を鵜呑みにして、大きな勘違いをしながら、残り少ない学生期間を楽しむのもよいモノですね。

勘違いは学生の特権だぁ~!!(笑)

実技の練習をさせてもらって、気づかせてもらって、私はもらってばっかりです。

ありがたいことです。

トンレンの良さとは?

仲間と久々にトンレンの練習をしました。

「トンレン」を初めてウィキペディアで調べてみたのですが、瞑想法だったのですね。知りませんでした。

簡単にいうと「利他を養う」モノです。

人間は誰かに親切にしてもらった時より、親切にすることの方がハッピーなのだそうです。分かりやすい例としてボランティアがありますが、ボランティアをされる側よりする側の方が幸福度が高いと言われているのですよ。

そして、このトンレンは利他を養うわけですから、続けることで最終的に自分の幸福度も、どんどんと上がってしまうという素晴らしいモノなのです。

 

まぁ~、私の場合は上記のことを考えて始めた訳ではありませんし、毎回あまり深く考えずに仲間と練習をしていたのですが、意識的に相手を理解しようとすることで、無意識にできるようになっているような感じです。

今回のトンレンは「相手のために何か一言を伝える」という先生からのテーマがありましたが・・・そんな難しいことは、ハナから出来ると思っていません。

普段通り見えてくるモノや感じるモノを伝えるだけでした。

 

初めて参加されたNさんとペアになり、感じた状態を伝えてみましたが、大変驚いていらっしゃいました。「そんなことがわかるのですか!」と。

はい!わかっちゃうのですよ~。

ここでは内容を取り上げませんが、Nさんが継続することで得られる内容などをお伝えすると、かなりご納得された様子でした。

また、練習終了時になりますと先輩方の強い「気=エネルギー」を4時間ほど浴びているために、パワー漲る目に変身されてました。よかったですね~。

 

「相手のために何か一言を伝える」とは、今の私にはナカナカ出来ませんが、相手が元気になってくれることは嬉しいこと。

それだけでも、自分に利他の心があると自覚ができ、ハッピーな気持ちになります。